自分で出来るアイケア方法!お家で簡単スッキリ!

ブルーベリーは目にいい?

目元

目にいい理由はアントシアニンにあった?摂取にはサプリメントがおすすめ

ブルーベリーは目にいい食品として有名ですよね。では、なぜブルーベリーは目にいいと言われるのでしょう。実はブルーベリーの周りの紫色をした色素がアントシアニンと言って目にいいとされています。アントシアニンは体に入ると「ロドプシン」というものを見るために必要な成分を生成するのを助けます。見え方を良くするための栄養素なのです。また、アントシアニンには毛細血管を丈夫にする働きもあり、目には毛細血管がたくさんあります。そのため、目の血行がよくなるとも言われているのです。しかし、ブルーベリーに含まれているアントシアニンは微量なのでそのまま食べることでは十分に効果を発揮しません。ドライフルーツや成分が凝縮されたサプリメントを摂ることで目の疲れの助けに繋がります。アントシアニンを含む食材としてブルーベリー以外にもカシスやビルベリー、話題のスーパーフードであるアサイーもあります。特にアサイーはアントシアニンが豊富に含まれていますよ。アサイーは普通にお店で売っていることは稀なので、サプリメントがおすすめです。アントシアニンの特徴として摂った後すぐに効能が現れることがあります。しかし、24時間で効能が無くなってしまうことでも知られています。継続的に摂取するためにもサプリメントは便利ですね。ブルーベリーが目にいいと言われる理由はアントシアニンのおかげだったのですね。自分に合ったとり方を見つけて、体の中からアイケアをしていきましょう。